TOP トピックス
[デッキ材]
テラスを作ったり、屋上庭園を作ったり、庭や玄関までのアプローチにも使えるのが デッキ材です
外部に木材を使用する場合は劣化のことも踏まえて、メンテナンスのことを考えて
おかなければいけません
木製、樹脂製、タイル、敷物とそれぞれに特徴をまとめてみました



木製
<木製>
デッキ材といわれて一番に思い浮かぶのはやはり木材でしょう
数多くの樹種がありますが、一般的に木材はいずれ腐ります
自然に還元されるので、プラスチックなどと異なり環境にやさしいとされる所以なのですが、建材として使用するためにはできるだけ長くきれいな状態を保ちた いものです

木材は樹種によって耐朽性が大きく異なります
イペやセランガンバツといった南洋材の耐朽性が高く、続いて住宅の基礎や浴槽などにも使用される檜、さらにはヒバなど、その下には柔らかい杉や松などが続 きます
他にも色々とあるのですが、それぞれに木目や色、重量や硬さ、それに香りなどが違い、価格もまちまちで、仕上がりのイメージと、予算を考慮して慎重に材料 を選ぶ必要があります

また、木材の耐朽性を向上させるために、キシラデコールなどの防腐剤入りの塗料を塗ることがよくあります
定期的に再塗装することでさらに木材の寿命を延ばすことができます
無垢材の場合、表面の劣化が激しいときは、デッキ材の表面を削り取り再び塗装すれば新品のころの美しさを取り戻すことができます
メンテナンスに手間のかかる素材ではありますが、寝転んだ時の柔らかさや木の香りは快適で、木本来の特徴を味わいたい方にはおすすめです



樹脂製
<樹脂製>
樹脂で成形したデッキ材で、木材の劣化しやすいという欠点を補ったものです
色や表面の柄のバリエーションは限られますが、
腐食しない樹脂を原料にしたデッキ材なのでメンテナンスが飛躍的に楽になります
けっこうずっしりした重量があるものもあり、見た感じは良い仕上がりになるので無垢材にこだわりがそんなに強くなかったり、面倒なメンテナンスをどうして も避けたいと言う方にはおすすめです



敷物
<敷物>
比較的簡単に施工できるのが特徴です リアルな芝生の仕上がりのものもあり、カラフルで毛足の長いラグマットのようなものもあり、滑り止めのついた彩り豊かなものもあり、 自然なイメージを大切にするのか、貼りものとしてポップな雰囲気にするのかいろいろな表現ができて意外と楽しめます 施工が簡単なため、張替がしやすいのも良いです