TOP

家づく りの事例

デザインの事例

家づくりの費用

家づくりの流れ
 ・土地探し
 ・地 盤改良
 ・基礎
 ・建て方
 ・断熱材
 ・窓 [断熱・防犯]
 ・屋根 の仕上
 ・外壁 の仕上
 ・キッチン

組織概要

■お問合せ
ブログ



LINK
三浦喜世建築設計事務所
店舗デザイン
住宅デザイン
家具デザイン
ブログ

断熱材

建売住宅などで「最上階が暑い」という体験をしたことはないでしょうか?

この問題は屋根や壁の断熱性能を上げることでかなり解消できるのです。
建築途中の建物でも屋根をかけるだけで厚さが和らぎ、
断熱材を入れるとさらに涼しくなることを実感できますが、
施工する断熱材の断熱性能によっても明らかな違いが現れます。
空調のない建築現場ではそれが顕著になってきます。

断熱性能は、断熱材の性能×厚さで決まるので
比較的厚さの確保できる壁にはグラスウールを使って、
露出天井にして屋根で断熱する場合などのできるだけ厚みを薄く抑えたい場合はフェノールフォーム保温版などの断熱性能の高い断熱材を使用したりします。

屋根の断熱材
屋根の断熱材
フェノールフォーム保温板

壁の断熱
壁の断熱材
グラスウール

床の断熱
床の断熱材
フェノールフォーム保温板

当事務所で基準としている断熱性能は長期優良住宅の基準にもなっている次世代省エネ 基準で、
これは気候などの違いにより地域を分けて、天井・屋根・壁・床の断熱性能を定めたものです。
真夏の建築現場でも、一般的な建売住宅と比べて断熱性能の違いは体感できる程なので、空調の使用量を抑えられて地球に優しく、経済的です。

断熱材を施工する場合、外張り断熱というものもあるのですが、熱容量が少なく熱伝導率も低い木造建築の場合は、施工性の悪さも考え提案していません。
基礎断熱についても、床下で空調する必要もあり、寒冷地でもない限りオーバースペックになるのではないかと考えています。

高気密高断熱にする場合、ガラス窓などのサッシから熱が逃げやすくなるのですが、
サッシ自体の素材の熱伝導率を下げたり、ガラスを複層にするなどした断熱サッシがメーカーによって開発されていますが、詳細は窓の項目を参照してくだ さい。


TOP ■家づく りの事例 ■デザインの事例  ■家づくりの費用 ■家づくりの流 れ  ■組織概要  ■お問合せ
三浦喜世建築設 計事務所
■大阪事務所:大阪市西区新町3-8-18-502
Tel:06-4394-8207 Fax:06-4394-8208
Mail:myura@asahinet.jp
■明石事務所:兵庫県明石市西明石北町3-7-5