TOP

家づく りの事例

デザインの事例

家づくりの費用

家づくりの流れ
 ・土地探し
 ・地 盤改良
 ・基礎
 ・建て方
 ・断熱材
 ・窓 [断熱・防犯]
 ・屋根 の仕上
 ・外壁 の仕上
 ・キッチン

組織概要

■お問合せ
ブログ



LINK
三浦喜世建築設計事務所
店舗デザイン
住宅デザイン
家具デザイン
ブログ

窓 [断熱・防犯]

断熱
戸 建て住宅では窓には主にアルミサッシを使うことが多いのですが、 一昔前のものと比べて、標準のアルミサッシでも複層ガラス(空気層を持たせた二枚ガラス)になっていたりしてある程度の断熱性能があります。
それ以上に部分的に樹脂製の部品で断熱性能を上げたものや、サッシの室内側が樹脂製になったもの、複層ガラスの空気層の幅を変えたもの等、数段階に断熱性 能の違いを有するシリーズがあるので選 択の幅が広くなっています。

住宅の断熱性能を上げるとそれだけ熱を逃がさなくなり空調負荷が減るのですが、壁だけの断熱性能を高くしても、窓からの熱損失が大きいのでここに対策をす る必要があります。
とはいっても、良いものは金額も張るのでどこまでの性能をサッシに持たせるのかを検討し、バランスを取りながら決定します。

空調を全く使用しないでも住める住宅が理想なのですが、少しでも空調負荷を抑えるために、当事務所では長期優良住宅で採用されている次世代省エネ基準をお 勧めしています。

防犯
窓には断熱性能以外に、防犯性能も必要になります。
特に一階の窓などは泥棒の侵入経路にもなりやすいために一般的にはシャッターを付けることが多くなるのですが、見た目に美しくありません。

それに対応するためにガラスを防犯ガラスに取り換えると、簡単に割れなくなるので防犯に効果的です。
防犯ガラスは合わせガラス(二枚のガラスを接着シートで張り合わせたもの)になっていて多少叩いても割れないため、割るためには大きな音が発生します。
シャッターに比べて見た目の防犯性は頼りないのですが、夜中に大きな音をたててまで侵入しようとする泥棒も少ないのでしっかりと防犯できます。
外からの視線も遮光カーテンを付けることで遮ることができるし、デザインもすっきりして個人的には好きなのですが、いかがなものでしょう?


TOP ■家づく りの事例 ■デザインの事例  ■家づくりの費用 ■家づくりの流 れ  ■組織概要  ■お問合せ
三浦喜世建築設 計事務所
■大阪事務所:大阪市西区新町3-8-18-502
Tel:06-4394-8207 Fax:06-4394-8208
Mail:myura@asahinet.jp
■明石事務所:兵庫県明石市西明石北町3-7-5